新型 日産デイズ フルモデルチェンジの実力やいかに!? Have a good DAYs!

 今春発売以来記録的な大ヒットになっている日産の新型軽自動車「デイズ」。その人気の秘密はどこにあるのか? WRCコメンテーター栗田佳織が諸星陽一と試乗で明らかにします。【PR】

栗田佳織:「J SPORT WRC」でMCを務めるWRCコメンテーター。今年秋に出産を控え、手軽に乗れて安全な軽自動車に興味津々
諸星陽一:富士フレッシュマンレースの参戦やマカオGPの取材などの経験を生かし、写真も撮れるジャーナリストとして活躍する。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
ベストカー2019年6/26号より


■人生初めての軽自動車試乗

TEXT/栗田佳織

 私の軽自動車のイメージは「思うように加速ができない」、「車内が狭い」、「乗っていてちょっとストレス」という正直ネガティブなものでした。そんな先入観を持ったまま、デイズの試乗がスタート! まず驚いたのは室内の広さ。運転席・助手席はもちろんですが、特に後部座席が本当に広い! シートは前後にスライドでき、一番後ろにセットすると「これって軽なの?」と言いたくなるほど。脚を組んだって余裕です。

 ドアも目一杯開くので、チャイルドシートに子どもを乗せるのもストレスがないはず。トランクも想像以上にスペースが確保されているので、荷物もちゃんと乗せられます。

 そしてついに走行開始! ハンドルも軽いし、視界も広い。一般道での走行で気になる点(ストレス)はまったくありません。発進もスムーズで小回りも利くから、どんどん楽しくなってきました。

スマートシンプルハイブリッド/リチウムイオンバッテリー方式のスマートシンプルハイブリッドやアイドリングストップ、そして新型CVTにより高燃費を実現するとともに滑らかで気持ちのいい加速が楽しめる

 そして、高速道路へ! 「軽だからアクセル踏んでも加速しないんだろうな……」という心の呟きを押し殺し、実際にアクセルを踏み込んでみると「うそ!?」と思わず声が漏れてしまいました。軽自動車とは思えないほど、スムーズに加速していき、もどかしさは皆無。法定速度の時速80km/hぐらいにすぐ到達。〝軽自動車〟の固定概念が完全に崩れた瞬間でした。うーん、やられました。

インテリジェント・アラウンドビューモニター/クルマを上から見下ろしているような映像で駐車をアシスト。クルマの周りの障害物を検知するとブザーでお知らせ

■プロパイロットを試してみました!!

 そして! ついにデイズの伝家の宝刀、プロパイロットを発動! プロパイロットはただのアダプティブクルーズコントロールではありません。アクセルブレーキ、そしてハンドル操作をクルマがアシストしてくれるんです。

プロパイロット&車線逸脱防止支援システム/プロパイロットは先行車に合わせてアクセル、ブレーキ、ハンドルをアシスト。渋滞で停止してもボタンひとつで再スタートしてくれるからとても便利。また走行車線からはみ出しそうになると表示とブザー、そしてハンドルではみ出しを抑制してくれる支援システムも搭載

 まずボタンひとつで好きな速度に設定できるので、高速道路の走行なんて超〜楽チンです。登りや下りの坂道にもきちんと対応してくれます。

 別のボタンを押すと、今度は前のクルマとの車間距離を設定できます。3段階から選ぶことができるので、ドライバー自身の気持ちいいと思う距離が選択できます。セットすると前車に追随していってくれるからとても楽ちんです。

 そして、一番驚いたのが、車線の真ん中をキープしようとハンドルがアシストしてくれること! ただ、ハンドルから手を離したりすると「ダメよ、ちゃんとハンドル握ってね」という感じの警告音が鳴ります。その警告音も嫌な音ではないので安心ですよ。

 この車線の真ん中をキープしようとするセンサーは、雨天時でもワイパーでフロントガラスの雫を飛ばしていればきちんと作動するとのこと。雨の高速道路って、私は正直苦手なのでこの技術は最高、最強ですね!

 驚きのプロパイロットももちろんですが、デイズ全体の完成度の高さに脱帽でした。デイズを軽自動車と舐めちゃいけません!

運転のしやすさに驚いたという。ホワイトパール/プレミアムサンシャインオレンジのカラーリングは明るい気持ちにさせてくれるとニッコリ

(以下、栗田佳織が驚いたデイズの凄さを諸星陽一が技術的に解説します)

■快適な走りを生む新エンジン

TEXT/諸星陽一

 日産デイズのパワーユニットは実に快適で扱いやすかった。なにより今までのどの軽自動車ユニットよりもシステム全体として厚みを感じることができた。

 試乗車はNAモデルで最高出力は52ps、最大トルクは60Nm(6.1kgm)なので、ライバルとの大きな差はない。

新型プラットフォームで広々功績/ご覧のようにリアシートを最も後ろにすれば、足が伸ばせるほど。しかも床はフラットになっているから快適だ

 しかしながら、最大トルク発生回転数は3600回転とかなり低め。アクセルをいっぱい踏まなくても、しっかり加速してくれる。さらにSハイブリッドはモーターによるアシストで発進時から力強いトルクを体感できることと、アイドリングストップからの再始動がスムーズで静粛性の高い部分も見逃せない。

 低速時のステアリング操舵力は軽く、駐車場内などでは軽々と操作できる。この時の操舵感に軽薄さがないのも好感度の高い部分、一方で高速道路などスピードが上がると、センターでビシッとした中立感が与えられ、安定感にあふれたクルージングを可能にしている。

コストパフォーマンスに注目!/先進安全装備がしっかり付いてこの値段はお買い得!! ママになる私にとって安心、安全は最重要事項です

■クラスを超えた広さの秘密

 もともとハイトワゴン系の軽自動車は高いユーティリティを持っているが、日産デイズはフルモデルチェンジによって、プラットフォームを一新。ずば抜けた広さを確保した。65㎜も延長されたホイールベースを生かし、リアシートのニールームは先代比で70㎜延長と、その進化には目を見張る。単純に広いだけでなくフロアの平坦さは目を見張る。背の高い荷物はここに積めばよく、実用性も高い。

 一体スライド、独立リクライニングのリアシートは使い勝手もいい。従来、軽自動車のリアシートは軽視されがちだったが、広さも座り心地もコンパクトカーを超える。

■軽NO.1の先進安全装備

 日産デイズにもプロパイロット(追従型のクルーズコントロールにハンドル、アクセル、ブレーキが自動で制御)が装備された。

 プロパイロットは先行車との車間距離を一定に保って(3段階に調整可能)走る追従走行が可能。停止時まで機能するので渋滞時は特にその恩恵を受けられる。

 停止時はステアリングの「RESボタン」またはアクセルを少し操作すれば追従を再開する。さらに車線の中央を維持するという機能があり、カーブも車線を読んでトレースする。トレース性能は高く、しっかり車線の中央を維持していく。横浜周辺の首都高速での使用では、自分でステアリングを操作しなくても走れるほど(もちろんステアリングを保持していないとアラームで保持を促される)の正確さを持っていた。

 ペダル踏み間違いによる事故を防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」には前進・後退時の作動のほか、軽で唯一の歩行者検知機能が搭載される。また、いわゆる衝突被害軽減の緊急ブレーキも装備。対クルマでは約10〜80㎞/h、対歩行者では約60㎞/以下で作動する。

踏み間違い衝突防止アシスト/ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合でもセンサーとカメラで状況を察知し、エンジン出力を抑制し、ブレーキをかけてくれる

 エアバッグはフロントデュアルに加えて、フロントサイド、前後カーテンまでを標準装備するという充実さ。

 さらに「SOSコール(ヘルプネット)」も採用。エアバッグセンサーや衝突センサーの情報から事故を判断。万が一の事故の際にはオペレーターに自動で通報されるほか、ルーフに取り付けられたスイッチを押せば、乗員がオペレーターと通話することもできる。自動通報付きのヘルプネットを装備する軽自動車は日産デイズが初となる。

■充実装備でコスパ一番

 まず日産デイズはその質感、装備の充実さなどにおいてもはや軽自動車のレベルを大きく超えている。特に安全性においては、サイドエアバッグが標準であること、自動通報式のヘルプネットを備えることなど、ライバルに大きく水をあけている。

 軽自動車だからではなく、安全性の高いクルマだから選ばれるのだ。

 そしてもちろん軽自動車は基本的に税金などが安いからデイズは総合的にコストパフォーマンスが高い。


たっぷり収納スペース/車検証がドアに入れられる大型のドアポケットやティッシュボックスが入る引き出しなどたくさんの収納がうれしい
ハイビームアシスト/先行車や対向車のライトを検知したり、周辺道路の明るさを検知するとハイビームとロービームを自動で切り替える
SOSコール/急病や危険を感じた時にルーフにあるSOSコールスイッチを押すと専門のオペレーターにつながるから安心だ
リチウムイオン電池搭載で実燃費向上!!/テストドライブでは一般道、高速道路を160㎞ほど走り、燃費は20.2㎞/Lと上々だった

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ