ロックスターとオロチを作った異才のデザイナー赤裸々告白「捨て猫を拾うように入社させてくれた」

 ミツオカの創業50周年を記念して登場した「ロックスター」は、1960年代のC2コルベットを彷彿させるデザインで大ヒット。限定200台で発表した直後から注文が殺到し、すでに完売してしまった。

 このクルマをデザインするとともに、全体の責任者として開発を引っ張ってきた光岡自動車の青木孝憲氏に話を伺った。

※本稿は2019年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


クルマだけでなく、ユーザーもロックスターなんです

青木孝憲氏は1975年栃木県生まれの43歳。直談判に近いかたちでミツオカに入社し、個性的なクルマを次々に送り出している。趣味は「なし」

ベストカー:C2コルベットをモチーフに選んだのは?

青木孝憲氏(以下青木):最初からC2をモチーフにするつもりはなく、アイデアスケッチの模索のなかで出てきたものですが、僕自身あの時代のアメ車が好きなんです。C2は中学生くらいの時に見て、なんて美しいクルマだと思った記憶があるんですよ。でも、大人になって実車を見るとデカいのなんの。「こんなんだったっけ?」みたいな感じがあって、僕の記憶のなかのスケール感とかたたずまいで作ってみたいと思ったんです。

ベストカー:苦労した点は?

青木:苦労は感じてなくて、作る時はいつも楽しいんですよ。でも気をつけたのは、当時のアメ車のイメージをそのまま持ってくるだけで終わらせず、ノスタルジーな雰囲気を、今のカーデザインの流行りを入れて再現することでした。

 また「デザインしすぎないこと」にも気をつけました。理屈っぽく、自動車デザインの文法に則ってやりすぎるとつまらなくなる。歌手のロックスターでたとえると、晩年のアルバムよりも若手時代の荒削りなファーストアルバムにするという感覚です。

 例えばクレイモデルを作る時に、ある部分のRをなでるとしっかりした陰影ができるところをその寸前で止めておく。そうして、あえて雑味を残しておくのがファーストアルバムの感覚なんです。

ベストカー:特にこだわった点は?

青木:C2コルベットは日系のラリー・シノダという人がデザインしたんですが、本当はリトラクタブルランプにしたくなかったはずだと思っています。機能上しかたないので付けたけど、案の定ランプを出したら格好悪い。でも、今の技術ならLEDで小さくできます。そうするとヘッドランプの意匠が認識しにくいんですよ。

マツダロードスターの面影いっさいなし。ヘッドランプを目立たなくするのが特にこだわった部分だという

 大手メーカーさんのクルマは、つり上がった大きな目でランプの印象がかなり大きい。そうすると顔の印象がそこで決まっちゃうんです。「ロックスター」は顔の印象をヘッドランプではなくボンネットとフェンダーにしたかった。当時のデザイナーも本当はそうしたかったんじゃないかと思うんですね。できればヘッドランプもナンバーも付けたくないんですけど、そうはいきませんから(笑)。

ベストカー:売れゆきの印象は?

青木:予想以上の反響で驚いています。特に今までミツオカと縁のなかったお客様が多いこと。ストレートにスタイリングとコンセプトがお客様に刺さったのはびっくりしましたね。

ベストカー:主なユーザー層は?

青木:リアルタイムにC2コルベットを見ていた50~60代がメインですね。僕は今43歳なんですけど、50~60代の男性が抱く「もういいだろう。好きにさせてくれよ」という気持ちが少しわかるようになってきたんです。仕事も家庭も頑張ってきて、子どもも大きくなって手を離れてきたと。そういう年代にさしかかった時の「もう好きにさせてよ」という気持ちがわかるようになってきて、その思いを「ロックスター」に込めています。たぶん、そこに共感していただいているのかなと思いますね。

こちらがオリジナルのシボレー・コルベット(C2)。1963〜1968年に生産された。中古車市場では1000万〜1500万円する

ベストカー:「ロックスター」というネーミングが最高ですね。

青木:そう、最高なんです(笑)。はじめは「タイプカリフォルニア」みたいな優等生ぶった名前をつけて開発を進めていたんですけど、2017年の年末にオールディーズロックのライブを観にいって変わりました。観客席のおじさん、おばさんたちがノリノリで歌って踊って、本当にいい笑顔で心から楽しんでいるんです。みんな青春時代の少年少女に戻ってるんですよ。

 本来、スターというのはステージ上の人たちのことだけど、それを見ていたら「あなたたちもスターだよ」と感じたんです。普段は社会性を持って大人の生活をしているけど、ちょっとしたきっかけで解放されて素に戻る。「それこそロックスターだぜ!」と感じて、彼らに捧げたいと思ってこの名前にしたんですよ。クルマだけでなく、ユーザーも含めて「ロックスター」なんです。

何もできなかった。カーデザイナーになるしか生きる道がなかったんです

 続いて青木氏の個人的な話も聞いていきたい。オロチ、ロックスターなど個性的なクルマをデザインするその能力は、どう磨かれてきたのか?

ベストカー:子どもの頃からカーデザイナーになりたかったんですか?

青木:中学生の頃からですかね。それしか道がなかったからしがみついたという感じです。勉強もスポーツもダメで、唯一できたのが絵を描くこと。目立たない生徒だったんですけど、学校の名物先生の絵を描いたりすると、好きな女の子が笑ってくれたりする。その瞬間だけ「俺は生きてる」と感じるわけですよ(笑)。

 絵を描くことしかできない。親父の影響もあってクルマは大好き。だったらカーデザイナーしかないと思って、東京に出て専門学校に入ったんです。

ベストカー:ミツオカを選んだのは?

青木:僕が選んだのではなく、選んでいただいたわけです。僕は就職超氷河期世代。大手のメーカーさんでもデザイナーはひとり採るか採らないかという時代で、どこを受けても全部ダメ。西早稲田のボロアパートでやさぐれて「諦めて栃木に帰るべ」と思っていたら、クルマ雑誌の裏にミツオカの広告を発見したんです。「ミツオカってなんだ?」と思いながら、やけっぱちで電話しました。

 とにかく「作品を送るので見るだけでも見てください!」と頼んで送ったら、当時の社長(光岡進現会長)が面接してくれたんです。

 その時は面接の正しい受け方なんて全然関係なし。「頭が悪いし体力もなく、自動車メーカーの試験も全部落ちたけど、とにかく自動車が大好きなんです」とお伝えしたら、捨て猫を拾うように雇ってもらえたんです。

絶版となった今も高値で取り引きされることが多いオロチ。このクルマも青木孝憲氏のデザインだ

ベストカー:ミツオカが世の中にあってよかったですね(笑)。

青木:まったくです。ボロアパートの時代に、いつも同じところを通るヘンなクルマがあって「こんなおかしなクルマがあるんだな」と思いながらよく見てたんですけど、今思うとそれはミツオカ・ラセードだったんです(笑)。

ヒーローが憎くてしょうがない(笑)

ベストカー:アイデアが浮かぶのはどんな時ですか?

青木:ある日の出来事や体験の点が繋がっていく感覚ですね。クリエイターのはしくれとして、何かを見聞きするとか引き出しを増やす作業は絶やさないようにしてますが、特別なことをしている意識はありません。ただ、いろんなことが気になる気質ですね。それがデザイン、コンセプト、ネーミングに繋がる感じですかね。

ベストカー:影響を受けた人は?

青木:影響された人は思いつきませんが、小さい頃からダークヒーローが好きですね。メインのスーパーヒーローと戦うほうの悪役。子どもの頃からスポットライトが当たる人間ではなかったので、ヒーロー的なやつが憎くてしょうがない(笑)。みんなが認めるものを拒否したがるヒネクレ者なんですよ。ワールドカップもオリンピックもいっさい観ません。全国民が応援しているみたいに協調性を強要されるのがイヤで、常に勝手に反抗している感じです。マイノリティを認めてほしいんです。

ベストカー:デザインのモチーフにするのはどんなものですか?

青木:モチーフはなんでも。自然や日常からヒントを得ることが多いですね。「ロックスター」のイメージカラーは青なんですけど、あれは3年前に初めて沖縄の竹富島で見た、感動するほどきれいな海の色なんです。いつかこの色が似合うクルマを作りたいという思いがあって、それで「ロックスター」ができたともいえます。あの青は「ロサンゼルスブルー」と呼んでますけど、本当は「竹富ブルー」なんです。でも、そこはアメリカしばりなので(笑)。

ベストカー:デザインをするうえで心がけていることは?

青木:世間の感覚とズレたくないということですね。商品を買うのは一般の方、デザインは素人の方なので、なるべく一般の感覚を持って、素人の方に喜んでもらえる日常的な商品を作りたい。

「ロックスター」についてもいろいろな意見をいただきますが、どんなコメントも嬉しいです。批判的なコメントも「そのとおりだな」と思うし、一般の方が反応してくれて買ってくれるのが僕の正解。プロのデザイナーに認められたいというような思いは全然なくて、買ってくれた人が喜んでくれる、幸せだと思ってくれるのがゴールなんですよ。さっき言った、学校の名物先生の絵を描いて好きな子が喜んでくれるのと同じなんです。

ベストカー:今後、成し遂げたいことは?

青木:ミツオカのクルマでもっとびっくりしてほしいし、楽しんでほしいですね。僕自身、次は何をやってくれるのか、いちファンのような目でミツオカを見ています。みんなと同じもの、価値観はつまらない。ミツオカだから許されるというものを追求していきたいです。

*   *   *

 反骨精神が原動力だという青木氏。大メーカーにはできない、ミツオカならではのクルマ作りをこれからも期待したい。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ