バブル期の億超え!超絶輸入限定車

 

いまや限定車やレアカーが花盛り。
過去の輸入車にはどんな限定車が存在したのかを見ていこう。

 


 

 ここで紹介しているのはどれも珠玉のレアもの限定車ばかりだが、なかでも白眉なのは’86年に登場し、283台が生産されたポルシェ959だろう。(上画像)日本経済がバブル期に向かい、突っ走っていくさなかに登場したこともあり、1億円以上もの値段で取引されていたことが大いに話題になった。

 

 で、当時の新車価格は4650万円だったというが、気になるのは現在の価格。そこで、都内の某輸入車中古店に話を聞いたところ、

 

 「日本に入ってきたのは283台のうち十数台といったところですが、現在の相場はコンディション次第というのが前提にあります。実は最近、また959の相場は上昇傾向にありまして、安いものでもおおむね2000万円台後半〜4000万円以上、程度極乗車の場合は1億円を超えるタマもあります」とのこと。

 

 う〜ん、やっぱり959の価値はいまでも健在といったところだろうか。ちなみに、ほかのショップに聞いてみたところ、この283台のなかには実はまだ「ロードスポーツバージョン」と呼ばれる100㎏もの軽量化を果たしたさらなる限定車も6台だけ存在したそうな。ノーマルの959からリアシートを取り払った2シーター仕様だそうで、こちらも日本に1台現存しているらしい。

 

 そういえば、かつてBCでは’87年9/26号でこのポルシェ959のテストを掲載。ドライバーは徳大寺有恒と黒沢元治の両氏で、筑波の高速周回路で最高速305㎞/h、ゼロヨン12秒2を叩き出していた。このテスト、本誌編集局長の宇井が当時各方面に尽力したおかげで実現した。手前味噌だが、BCと限定車は不思議につながりがある?

マイバッハツェッペリン(100台)2009年5440~6435万円。 ブランド廃止が決定しているマイバッハだが、戦前のマイバッハブランドの代表的車種だった「ツェッペリン」と同じ車名の限定車を'09年に発売。57と62の計100台で、専用の内外装と640psにチューンされたエンジンを搭載。
 マイバッハツェッペリン(100台)2009年5440~6435万円。
ブランド廃止が決定しているマイバッハだが、戦前のマイバッハブランドの代表的車種だった「ツェッペリン」と同じ車名の限定車を’09年に発売。57と62の計100台で、専用の内外装と640psにチューンされたエンジンを搭載。
ポルシェカレラGT(1270台) 2003年 5000万円 '03年登場の2ドアミドシップタルガトップスポーツ。当初限定1500台の予定が1270台の生産で終了した。
ポルシェカレラGT(1270台) 2003年 5000万円
’03年登場の2ドアミドシップタルガトップスポーツ。当初限定1500台の予定が1270台の生産で終了した。
プジョー205ターボ16ロードカー(200台)1984年800万円。 当時のWRCグループB規定に則り、'84年に200台が生産されたホモロゲモデル。エクステリアはその前年デビューのコンパクトカー、プジョー205に似ているが、実はまったくの別物でミドシップ4WD車として製作された。
プジョー205ターボ16ロードカー(200台)1984年800万円。
当時のWRCグループB規定に則り、’84年に200台が生産されたホモロゲモデル。エクステリアはその前年デビューのコンパクトカー、プジョー205に似ているが、実はまったくの別物でミドシップ4WD車として製作された。
ベントレーブルックランズ(550台)2008年4070万円。 '92~'97年に生産された初代ブルックランズから11年後に登場した2代目モデル。伝統的なコーチビルディングと職人の技術を駆使し、すべて手作業で組み立てられた。エンジンはロールス・ロイス製を搭載。
ベントレーブルックランズ(550台)2008年4070万円。
’92~’97年に生産された初代ブルックランズから11年後に登場した2代目モデル。伝統的なコーチビルディングと職人の技術を駆使し、すべて手作業で組み立てられた。エンジンはロールス・ロイス製を搭載。
アストンマーチンOne-77(77台) 2009年1億3700万円。
アストンマーチンOne-77(77台) 2009年1億3700万円。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ