レクサス新型「LS」 公開自動操舵で衝突回避! デトロイトショー

実に11年ぶりにフルモデルチェンジするレクサスの新型フラッグシップモデルの「LS」が、デトロイトショーで世界初公開された。1989年の初代から数えると5代目となる本モデルは、クーペのような流麗なスタイリングを身にまとったスポーティなセダンに生まれ変わっている。

文:WEBベストカー編集部/写真:TOYOTA


世界初採用! 自動操舵で衝突を回避する

日本を代表する高級セダンのレクサス「LS」。ついにその最新モデルが、北米のデトロイトショーで公開された。発売は2017年11月以降といわれ、日本での公開は秋の東京モーターショーだろうと予想される。

さっそく今回発表された新型LSの特徴を見ていこう。注目は以下の3つだ。

1. 新開発GA-Lプラットフォームの採用

2. 新開発V6、3.5Lツインターボエンジン搭載

3. 最先端の予防安全と安全運転支援

GA-Lプラットフォームとは、Global Architecture-Luxuryのことで、2017年春発売予定の新型クーペ「LC」が初採用となる次世代プラットフォームのこと。LSでは、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立させている。

またボディカラーには、金属を削り出したような印象の新開発「マンガンラスター」という新色により、流麗なボディの存在感を際立たせている。

今回公開されたモデルに搭載されるエンジンは、新開発の3.5LのV6ツインターボエンジン。最高出力は421ps、最大トルク600Nm(61.2kgm)を発生し、これに10速ATが組み合わされる。

またレクサスダイナミックハンドリングシステムにより、車両のロールや上下運動の制御し、フラットな車両姿勢と質感の高い乗り心地を実現する。

ドライビングに集中できる運転席とゆとりある後席空間を融合させるインテリアを採用

加えて最先端の安全装備も注目ポイントだ。“世界初”の衝突回避を支援するプリクラッシュセーフティシステムを採用。これまでの緊急自動ブレーキによるアシストはもちろんのこと、ブレーキだけでは回避できない場面では、クルマが回避スペースを見つけ、自動操舵で回避支援を行ってくれる。

日本での公開が待ち遠しい。

LEXUS LS 主要諸元


■全長×全幅×全高:5235×1900×1450mm/ホイールベース:3125mm/エンジン種類:V型6気筒 3.5Lツインターボエンジン/最高出力:421ps/5200-6000rpm/最大トルク:61.2kg-m/1600-4800rpm/トランスミッション:10AT/タイヤサイズ:19または20インチ


最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ